技術力を提供し、人を育てるサンライジングコーポレーション

トップへ
ブログイメージ

お仕事に関する情報などスタッフによるブログです。
サンライジングコーポレーションの“今”を感じる情報をお届けします。

09月13日(Tue)
こんにちは!
情報技術グループの伏木です。


Q:
Microsoftの最新技術 silverlight で
何が出来るの?




A:
3Dが描画できる!!


Silverlight5βで初めて導入された
ユーザーコントロールDrawingSurfaceを使えば、
GPU(Graphics Processing Unit)アクセラレーション対応XNA互換API で
3D が描画できる!!



SilverlightからXNA Framework (互換)APIにアクセスすることで可能となる。


XNA Frameworkには、XNAゲームの実行に最適化されたマネージド実行環境を
提供するための共通言語ランタイムが含まれている。


このランタイムはWindows XP、Windows VistaおよびXbox 360に用意されており、
XNAを利用して作成したゲームはどのプラットフォームにおいても遜色なく動作する。


XNA Frameworkを対象とするゲームはC#などマネージ言語を使ってコードを記述できる。
( Microsoft XNAとは?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・云々


百聞は一見に如かずってことで・・・サンプルを見てください。



サンプル(3D描画 Silverlight5βInOfBrowser)
<コンテンツ準備中>


*サンプルを閲覧できない方は、
下記の開発者用ランタイムをインストールしてください。

Silverlight_Developer.exe



----------------------


現在 流行のWindowsPhone7は、SilverlightとXNAを、
アプリケーション実行基盤として備えている。


一般的なアプリケーションの実行にはSilverlightを用い、
高度な3Dグラフィックを利用したゲームなどの実行にはXNAを用いるそうだ。


一般的なアプリケーションの実行基盤においては、
ブラウザに貼り付けたSilverlightアプリケーションを動かすのではなく、
ブラウザの外で動くSilverlightアプリケーションを実行対象とする。


SilverlightやXNAが持つ、
同じアプリケーションを
異なるプラットフォームで利用できる
という利点は、
クラウドとの連携でそれらの価値を享受できる。


雲の上で提供されているたとえば動画ソースを、
歩けないPCからでも、歩くPC(WindowsPhone)からでも利用できる。




Silverlightから、今後も目が離せない!
Posted by: fushiki

Comments


written by:fushiki

サンプル(3D描画 Silverlight5βInOfBrowser)は、
WindowsXPやWindowsVistaなどでは、
確認した限りにおいて3D描画の領域が見えない。

原因はいったい何だろうか?

Silverlight5βランタイムを
インストールするだけで閲覧できると思ったが、
どうもそうではないかも。

通常のコントロール(ImageやViewBoxやTextBlock)は、
普通に閲覧できているが、DrawingSurfaceは表示すらできていない模様。

調べる価値あり!!
09月17日(Sat) 14:49:51

Add Comment


ページトップへ